2021/03/10

『真日本文明論』本日より配布します

おはようございます。
おじじです。 

昨日のおじTVスペシャルは楽しかったですね。
初めて知る情報が沢山・・・
あんな機会も時々良いでしょう。
皆さんにもご好評だったようで
嬉しく思っております。

さて『真日本文明論』ですが
本日より配布します。

形式はPDF、
価格は1万円になります。

『あなたを幸せにする日本近現代史』を
お持ちの方には無料追加配布です。

是非読んで下さい。

私の歴史のお話は
いわゆる歴史のお話とは
随分違った内容になっています。

というのは、
知るべき対象を
歴史そのものではなく、
「心」
に設定しているからです。

知識ではなく
より自然で正気なものの見方・考え方を
お教えしています。

以下、冒頭から新規追加した箇所を抜粋します。

赤子を見ていると、実によく笑う。人はまず笑い、苦しみや怒りはそれから随分遅れてくるものらしい。だから性善説が正しいことは間違いのないことだ。それなのになぜ人は生きれば生きる程笑顔を忘れ心を硬く呪わしくしていくのかと言えば、それは人間の環境が自然の摂理から離れ、内なる自然の摂理を歪な形で圧迫し続けるからである。この力はどのように生じたのかということを辿っていくと、とても私たちの人生一代の中にはその答えが見つからない。歴史を遡り大きく視点を後退させなければ見えない力の流れが私たちに働いている。

それは私たちに、実際とは違うように世界を見させようという力、見るほどに消耗していく幻想の中に捉え続けようとする力なのである。この力は自然発生したものではなく、人為的に形成された。そのために私たちは、自分で在ることに居心地の悪さを覚えるのである。それは遡ると日本人で在ることに対して覚える居心地の悪さから来ている。しかもそれは巧妙に仕組まれた連鎖反応なので、人々はその繋がりに気付かない。自分の不幸の遠因は日本の不幸にあるなどと言ったら大概の人はぽかんとするか鼻で嗤うことだろう。しかしそれは異臭の原因は床下にあると気付かず部屋の中だけちまちまと掃除を続けるような生き方なのである。

私たちは子供の頃から日本人の国を挙げての懺悔を見続けてきた。これが私たちの精神の原風景に沁み込まない訳がない。懺悔は本来、大きな苦しみを伴い、出来れば一度きりで済ませたい、痛くて苦しい営みのはずである。しかし私たちにとって毎年行われる恒例の国民的懺悔は実に「無害な」儀式なのだ。こうして私たちは知らずして、懺悔をするのが当たり前の人々として自己を認識し続ける。それは罪びとということではないか。

この罪悪感、夢見たような自己認識の麻痺状態はこの国の空気を覆っている。その空気を吸って、精神の病気が立ち現れる。この精神の病気は肉体の病気よりもたちが悪い感染力と自己破壊力を宿している。この病気こそはあらゆる不幸、諍い、無力感、憎悪、強欲の根本であると見なし、その解消を図りたいと思う。これが、人の幸せに関わる仕事をするヒーラーである私が、およそヒーリングとは関係がないものと一般には思われている歴史について語る理由である。


お申込みを、お待ちしております。



今回の配布に関するおじTVまたは勉強会ですが、
皆さんからご質問やご感想などが多い場合、やります。

更に突っ込んで聞きたいことがあれば
是非伝えて下さい。

特にないようであれば、やりません。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
お読み下さりありがとうございました。
今日も皆様が良い一日を過ごされますよう祈っております。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
●スケジュール
3月13日(土)魚座新月
3月20日(土)春分(特別価格2000円)
同日14時ー瞑想教室(5000円)
3月29日(月)天秤座満月
(*対面は7000円、遠隔は5000円)

●毎週日曜日開催の真呼吸会に是非ご参加下さい。
(10:00~10:20。無料)

●お問い合わせ
①LINE:atelierkoshiki
microcosmo.healing@gmail.com

●LINE公式(満月新月の波に乗るアドバイスをお伝えします) 
https://lin.ee/BhCsBpc(@463dflke)

●カウンセリング
・対面10000円 
・ビデオチャット8000円(*会員5000円)

●治良
・対面7000円
・遠隔5000円 
・肚揉み10000円

●ヒーリングアクセサリー「プレローマ」36,000円

ピンと来たら、どうぞ…。毎週水曜日更新。入会費10,000円

心を養う日本の政治・文化・歴史の話。毎週土曜日更新

0 件のコメント:

コメントを投稿

お知らせ

会員制ブログ新設のお知らせ

昨日のブログ、評判が良かったですね。 皆様のお役に立てば嬉しいです。 今日はお知らせです。 会員制のブログを始めます。 『遺書』の更に奥にある、この世界の秘密について語ります。 人によっては恐らく、 「一番知りたかったこと」を知ることが出来るでしょう。 その辺りのことを言葉にして...