2020/06/21

宇宙のことば1 情緒(蟹座新月)

本日は新月で夏至で金環蝕です。
夏至の日食は372年ぶりで、次は800年後だとか(笑)

非常に稀少な一日でございます。

新しいブログを始めるに当たり、
自分の心からのメッセージを書き記していこうと思いました。
でも心の準備なく、例えば平日の朝っぱらからそういうものを読まされても
なかなか焦点が合わないものです。
そこで新月とか満月とかそんな特別な日にお届けしようと思い、
この日を待っておりました。

いつまで続くか分からないですが・・・

「宇宙の言葉」

・・・・・・・

私たちには「情緒」が必要です。
情緒とは、心の機微を感じ取る感性のことです。

感情を表す言葉は、
絵の具のチューブのように無造作に転がっています。

喜び、悲しみ、怒り、
寂しさ、怖れ、不安・・・

でも知っていますね。
心はそんなに単純なものではありません。

赤、青、黄色の絵の具があっても、
実際には世界はもっと多彩な色と光で出来ています。

幸せの傍らに寂しさがあることもあります。

怒りの中に望みが混じっていることもあります。

それで良いのです。
単色に染まっていないからと言って、
自分を責めたり呪ったりしないで下さい。

無限の広がりと彩りを持つ心の世界を、
言葉という鋏によって安易に切り分けることなく、
あるがままに感じて生きてきましょう。


『水源』

0 件のコメント:

コメントを投稿

おじじ、かく悟れり

さて本日から「菩薩の心」 前のシリーズも始まったばかりでしたが 急遽こちらを話したくなってしまいました。 先日、悟りを開いたんです。 と書いたら 「凄いですね!!!」 と仰って下さる皆さん、本当にお優しい。 何回悟りを開いているのか。 こういうのを 「解脱詐欺」 というかもしれま...