2020年6月27日土曜日

病気はどうやって治るのか 2

「病気は心から来る」という言葉、
皆さんはどのように理解されていますか?

僕はこれまで数えきれないほどこの言葉を言ってきました。

しかし帰ってくる言葉はほぼ例外なく
「最近、そんなにストレスもないのですが…」



「心因性」という言葉を耳にされたことはあるかと思います。
文字通り、「心に起因する」ということですね。
でも、僕はこの言葉は非常に短期的な現象について述べたものであると理解しています。
なぜならそういう使われ方が多いから。

今現在悩んでいる、怒っている、悲しい」
だから
今現在これこれの症状がある」

という考え方ですね。

でもだいたい的外れ。




僕が言いたいのは違います。

「病気は人生観から来る」

この人生観のことを、「心」と言っているんです。

*感情から来るのだったら「感情」と言っています。

さて皆さんは自分の体が健康であるのがふさわしいような人生観を持っていますか?
それともその逆ですか?

つまり、
自分を好きですか?
誇りを持っていますか?
生き甲斐を感じられますか?

深い呼吸の中で内省してみて下さい。

ここに健康を巡る究極の因果関係がある訳です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

#4『明るいチベット医学』

もうかれこれ14年くらい前から本棚にあった本なのですが、 誰が買ったのかな? 読んだことがありませんでした。 刊行は1988年。 チベット仏教を学びに行った日本人僧侶が現地で密教僧になり、 住み着く。 チベットでは密教僧=医者です。 その医療体系は西洋医学とも中国式東洋医学とも違...